1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『僕らが愛した手塚治虫≪復活編≫(二階堂黎人)』 販売ページ

僕らが愛した手塚治虫≪復活編≫

僕らが愛した手塚治虫≪復活編≫

  • 著者: 二階堂黎人
  • 出版社: 南雲堂
  • 判型: A5
  • 頁数: 370 頁
  • ISBN: 9784523265382
  • ジャンル: 文芸書
  • 価格: 2,376 円 (税込)
    (本体価格 2,200 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

手塚治虫、『火の鳥』がごとく華麗に復活!!

『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』が人気を博した70年代後半をまとめた一冊!

手塚治虫は、長くて中身が濃い、波瀾万丈のマンガ人生を送ってきた。
昭和20年代後半から30年代にかけては、『ジャングル大帝』『鉄腕アトム』『リボンの騎士』など数多くの傑作を世に送り続け、名実ともにマンガ界の第一人者として活躍した。
また、1962年にアニメーション会社の虫プロダクションを興すと、日本初のテレビマンガ『鉄腕アトム』や、日本初のカラーテレビマンガ『ジャングル大帝』を制作し、日本中の子供たちをブラウン管の前に釘付けにした。
しかし、劇画ブームの到来や、虫プロダクションの社内争議などのゴタゴタが生じて、手塚は深刻なスランプに陥った。青年マンガの台頭によって、少年マンガに拘った手塚は、「手塚治虫はもう古い」とか、「手塚治虫の時代は終わった」などと、世間からも散々言われたのであった。
そんな中、手塚は1973年11月に、秋田書店の「週刊少年チャンピオン」で『ブラック・ジャック』を連載し始めた。また、74年には、講談社の「週刊少年マガジン」で『三つ目がとおる』を描き始めた。これらが好評で人気を呼び、氏は長い迷いからついに脱することができたのである。

読後レビュー(2件)

  • 深い

    じむ。 2017/02/08

    ブラックジャックシリーズのファンなので読みたいと思い手に取りました。
    鉄腕アトムやリボンの騎士など幅広いジャンルの中にそれぞれ独特の世界観があり引き込まれます。

    0

  • 図録がたのしい

    もりりん 2016/01/31

    図録がおおくていいですが、1色ページのところはしかたないですね。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/12/14
『僕らが愛した手塚治虫≪復活編≫』(二階堂黎人)の注文を開始しました。

この商品は、現在ご購入いただけません。

昭和に関するQ&A

50年くらい前のマンガのタイトルを知りたい

約50年くらい前のマンガだと思います。 雑誌じゃなくて、貸本で読んだような記憶があります。 主人公は小学生くらいの女の子で、ひとりで縄跳びをしています。 33回だったか、続けて飛ぶと反世界?に移動...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

TOPへ戻る