1. TOP
  2. ショッピング
  3. エンタメ
  4. 『ロックの感受性(仲井戸麗市)』 販売ページ

ロックの感受性

ロックの感受性

  • 著者: 仲井戸麗市
  • 出版社: リットーミュージック
  • 判型: 文庫
  • 頁数: 224 頁
  • ISBN: 9784845627820
  • ジャンル: エンタメ
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 864 円 (税込)
    (本体価格 800 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 8ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

チャボの精神的/音楽的なルーツを巡るエッセイと旅行記

切なさと懐かしさいっぱいの自伝的なエッセイと、ブルースを探し求めたアメリカ探訪記。つまりは、仲井戸“CHABO”麗市の精神的なルーツと音楽的なルーツの双方を巡るテキストが、本書の中心となっています。ビートルズ(来日公演!)、ジャズ喫茶、古井戸、忌野清志郎といった音楽的なトピックの後ろに見え隠れする、60年代、新宿、昭和の日々。そしてブルース発祥の地ミシシッピー・デルタ地帯からシカゴまで、ロバート・ジョンソン、チャーリー・パットン、ベッシー・スミス、マディ・ウォーターズらの足跡を辿った旅日記は、仲井戸麗市の感受性がいかに育まれてきたかを静かに物語っています。さらに最終章では、50歳の時点での想いを赤裸々に吐露。年齢というテーマが、本書を通じて流れていることに気付かされます。

※この作品は、2002年に平凡社新書で刊行されたものです。

▼目次
I ビートルズから始まった~新宿・60年代・音楽
II ロックの感受性~ある日の雑記帳
III ブルースを探して~アメリカ南部の旅日記'93
IV そして旅はつづく~キープ・オン・ロッキン

▼著者紹介
仲井戸麗市(なかいど れいち)
1950年、東京都出身。1970年、古井戸でデビュー。79年、忌野清志郎が率いるRCサクセションにギターリストとして加入。1990年、RCサクセション無期限活動停止を機に本格的なソロ活動を展開。SOLO、BAND、ex・the street slidersのギターリスト土屋公平とのユニット麗蘭(れいらん)を1991年に始動、the day(ザ・デイ)<仲井戸麗市(G)、中村達也(D)、蔦谷好位置(Key)、KenKen(B)>+サラ(sax)でのLIVEも行うなど、ソロ、BAND活動と多岐に渡る。2015年DEBUT 45th Anniversaryを迎えた。2016年は5年振りにBassの早川岳晴と全国を行脚する。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/03/23
『ロックの感受性』(仲井戸麗市)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

エッセイに関するQ&A

白黒の写真のページが時々出てくるエッセイ本

4年ほど前に娘が大学に入学し上京した時、立川駅のお洒落な本屋さんで買って読みました。女性向けという感じ。表紙やタイトルは覚えていないのです。わりと薄い文庫本でした。 かすかな記憶しか無いのですが、...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る