1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『刀装具ワンダーランド(川見典久 著 / 黒川古文化研究所 協力)』 販売ページ

刀装具ワンダーランド

刀装具ワンダーランド

  • 著者: 川見典久 著 / 黒川古文化研究所 協力
  • 出版社: 創元社
  • 判型: A4変
  • 頁数: 160 頁
  • ISBN: 9784422710181
  • ジャンル: 専門書
  • 価格: 2,484 円 (税込)
    (本体価格 2,300 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

日本刀を彩る鐔、小柄、笄、目貫、縁頭などの刀装具を、高精細デジタルカメラで撮り下ろして掲載。さまざまな角度からの拡大写真も満載した、あらゆる角度からじっくり細部まで見たいという思いに応えるオールカラービジュアルブック。
花鳥風月、故事、和歌、年中行事などの意匠を多彩な金属・技法を用いて表現した、信家、河野春明、土屋安親、横谷宗珉、後藤一乗、加納夏雄はじめ、名工達の技術力と発想力を堪能できる一冊。

▼著者プロフィール
川見典久(かわみ のりひさ)
1976年生まれ。関西学院大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程後期課程単位取得満期退学。現在、黒川古文化研究所研究員。中世和鏡や近世刀装具など日本金属工芸史を中心に研究している。おもな論文に「横谷宗珉の実像-刀装具「町彫」成立の背景-」、「一宮長常の制作における「生写」-装剣金工の文様表現にみる合理性-」、「「享保名物帳」の意義と八代将軍徳川吉宗による刀剣調査」がある。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/07/14
『刀装具ワンダーランド』(川見典久 著 / 黒川古文化研究所 協力)の注文を開始しました。

この商品は、現在ご購入いただけません。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る