1. TOP
  2. ショッピング
  3. 児童書・絵本
  4. 『みどりのはしご(安房直子 文 / 黒井健 絵)』 販売ページ

みどりのはしご

みどりのはしご

  • 著者: 安房直子 文 / 黒井健 絵
  • 出版社: 復刊ドットコム
  • 判型: 25.7×21cm・上製
  • 頁数: 28 頁
  • ジャンル: 児童書・絵本
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 13 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 1,944 円 (税込)
    (本体価格 1,800 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 18ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

子どもも大人もサラダが食べたくなる!
安房直子と黒井健の二大作家による希少本がついに復刊!


お庭にかかったみどりのはしごを上ると、
モチノキの小人のごちそうが待っていました---。

優しい言葉で物語を紡ぐ安房直子の世界に、
やわらかくあたたかい筆致で黒井健が彩りを加えた絵本です。
これまで書店販売されず長らく眠っていた本書が、新たな装丁で蘇りました。

▼投票者コメントより
「こどものときに入り込んだ風景をもう一度みたい 」
「子どもが産まれました。 大好きだった絵本が読ませたいと思いました。 」
「ずっと昔に読んだのに忘れずに心に残っている。 こういう沁みる作品を甥っ子、姪っ子にも読ませてあげたい。 なにより自分自身がもう一度読みたい。」

☆☆☆本書の2大特長☆☆☆
1.美しい新装版
2.優しい言葉で紡がれる物語に、あたたかな彩りを添えた鮮やかな絵。

▼イメージ画像:(クリックで拡大します)

みどりのはしご イメージみどりのはしご イメージみどりのはしご イメージ

▼著者プロフィール
安房直子(あわ なおこ)
東京都生まれ。児童文学作家。『さんしょっこ』の第3回日本児童文学者協会新人賞を始めとして数々の賞を受賞。幻想的、民話的な作風で、その後も数々の作品を生み出した。

黒井 健(くろい けん)
新潟県生まれ。絵本作家、イラストレーター。主な作品に「ころわんシリーズ」(ひさかたチャイルド)、『手ぶくろを買いに』『ごんぎつね』(偕成社)他。2003年、「黒井健絵本ハウス」開館。

※本書は、1982年4月に学習研究社(現・学研プラス)より出版された『学研おはなしえほん みどりのはしご』を底本に、新たな装丁で出版するものです。

読後レビュー(2件)

  • とても優しい雰囲気の絵本です

    ttttttttttsss 2016/10/31

    今回全く初めて読んだ絵本ですが、全体を通して優しい絵柄と内容が心に残る絵本でした。小人とおばあさんのやり取りを見ながら、自分も緑のはしごをのぼって、不思議でありながら温かみを感じられるような体験ができたという感覚です。

    0

  • 小さなフォークと小さなサラダがたまらなくて。

    megs 2015/02/24

    子どもが出来、ずっと読み聞かせたくて探し、復刊をまっていました。

    ところが先日、実家に帰ると私の部屋の机の上に、みどりのはしごが置いてあるではありませんか。母が孫のために、納戸から見つけてくれたそうで、本当に感動しました。

    おばあさんは、小さな小さな庭に、大きなモチノキがあるいえに住んでいました。おばあさんはこの木が大好きでした。

    ある日、おばあさんはモチノキのしたに赤カブの種を10粒蒔きました。お客様に、サラダにして出すのを楽しみにしていたのですが、おばあさんの家には誰も訪ねてきてくれません。

    ある朝、食べ頃の土の中で食べてと歌っている赤カブの数を数えると、9本しかありません。

    不思議に思っていると、ふと電話が鳴り、「おばあさん、さっきは赤カブをありがとうございました。これからあれでサラダを作りますから、どうぞモチノキのみどりのはしごを登って、食べに来て下さい。」と言われました。

    モチノキの小人の可愛らしいみどりのお家まで長〜いハシゴを登ったおばあさんは、可愛らしいフォークで可愛らしい(背中も腰もシャンとなる)サラダをご馳走になって、帰ります。次は豆の畑を作ると約束して。

    おばあさんは、もう孤独ではないのだという温かさ、そしてあんなハシゴを登れてしまうおばあさんにもびっくりした事を覚えています。

    サラダが食べたくて食べたくて。子どもの頃、おねだりして作ってもらった赤カブのサラダは、辛くて美味しくなかったけど、今では大好物。見るたびに買って帰って、サラダにしています。

    ぜひ、復刊して多くの子どもに読んで欲しいです。

    野菜嫌いの克服にも、役立つかな?

    0

    みどりのはしご 復刊リクエスト

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(52件)

安房さんのファンです。オークションや古本屋で探しても手に入らなかった一冊、これは欲しいです! (2016/11/07)

0

安房さんのお話しに黒井健さんの柔らかな絵。 是非読んでみたいです。そして絵も見たいです。 (2016/09/01)

0

読んでみたいです。 (2016/08/31)

0

安房直子さんの世界に惹かれます。この絵本は読んだことがないので見てみたいです。 (2016/08/30)

0

安房直子の作品が大好きなので、ぜひ読んでみたいです。 (2016/08/30)

0

もっと見る

ニュース

2016/08/26
『みどりのはしご』復刊決定!

この商品は、現在販売中です。

児童書に関するQ&A

少年の乗った列車の乗客が一人ずつ居なくなる絵本(小学高学年程度)

1980年代前半(82年)までに出版の児童書で、対象は小学校中高学年以上だと思います。 あらすじは、ひとりの少年が行き先不明の列車に乗ると、駅ごとに客が減っていき乗って来ない。進むに連れてどんどん...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る