1. TOP
  2. ショッピング
  3. エンタメ
  4. 『石ノ森章太郎論(山田夏樹)』 販売ページ

石ノ森章太郎論

石ノ森章太郎論

  • 著者: 山田夏樹
  • 出版社: 青弓社
  • 頁数: 240 頁
  • ISBN: 9784787292391
  • ジャンル: エンタメ
  • 価格: 2,160 円 (税込)
    (本体価格 2,000 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

平成『仮面ライダー』シリーズが人気を博し、2016年11月に公開予定の映画『サイボーグ009』も話題--- 作品がいまも愛され続けるマンガ家・石ノ森章太郎。

「二級天使」「龍神沼」「幽霊少女」「サイボーグ009」「マンガ家入門」はもちろん、後期の「仮面ライダー」「HOTEL」「マンガ 日本の歴史」なども含めて石ノ森作品を緻密に読み込み、手塚治虫との関係や当時のマンガ界の状況も補足しながらその魅力を抽出する。

天才と謳われる一方、1970年代以降の作品は「つまらなくなった」とも言われるこれまでの一面的な評価をくつがえし、マンガという表現形式の多様性とその可能性を晩年まで追求した意義を再評価する。今日も拡大し続ける石ノ森作品のポテンシャルの高さを指し示すマンガ評論。作品図版を多数所収。

▼こちらもチェック!
◎『サイボーグ009 [カラー完全版] 1977-79 海底ピラミッド編』

読後レビュー(1件)

  • うーん

    まな 2016/12/21

    大好きな石ノ森先生の評論本なのですが、個人的には微妙な印象を受けました。
    非常に堅い内容で、内容そのものは悪くないのですが、なんとなく読みにくいように感じました。
    目がすべると言いますか…
    あくまでも個人的には、ですが、図版も多いとは思えませんでしたし。
    評論本としては正しいのかとは思うのですが、すごく面白かったかと言われると少し残念だったように思います。
    うまく文章にまとめられず、すみません…
    単に、私の好みに合わなかっただけかも知れません(内容そのものは素晴らしいと思いますので)。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/10/28
『石ノ森章太郎論』(山田夏樹)の注文を開始しました。

この商品は、現在ご購入いただけません。

SFファンタジー漫画に関するQ&A

1970年代前半の小学館の学習誌の漫画か週刊少年漫画誌の読切り

田舎の山村で少年と祖父が暮らしている。少年の両親はすでに死んでいる。少年には仲の良い女の子がいる。祖父は両親について「未来の事をよく当てた」と語る。少年が両親の子供時代の写真を見ると少年と女の子そっくり...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る