1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『江戸の親子(太田素子)』 販売ページ

江戸の親子

江戸の親子

  • 著者: 太田素子
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 250 頁
  • ISBN: 9784642067287
  • ジャンル: 専門書
  • 価格: 2,376 円 (税込)
    (本体価格 2,200 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

家の継承に重きをおく江戸時代、父親は主体的に子育てにかかわった。下級武士の日記から、子どもの誕生、成育儀礼、年中行事、遊びや手習い、病の心配と死の悲しみなどを読み解き、親子関係と子育ての実態に迫る。

▼目次
◇はじめに
◇序章 楠瀬大枝日記『燧袋』の世界
--楠瀬大枝の半生とその時期区分/化政期の土佐城下と下級武士社会
◇家制度下における結婚と子ども
--「青年」の予兆/妻楯「子無きは去る」一つの形/家族をめぐる城下の「事件」
◇子どもの病と死
--死別に際して現れる親子の情愛/マビキ禁令と乳幼児死亡の管理/家意識と亡児への愛惜 -銀次郎の死
◇城下町の暮らしと子ども
--狂歌に歌われた子ども/子どもと年中行事/成育儀礼と子どもをめぐる社交
◇教え学ぶ風景 -手習い塾・藩校・サロン
--娘たちの手習いと手習い塾/藩校と武士の修業/留学と医者修業/親族結婚と女中奉公 -娘たちの進路
◇江戸時代の子育てと『燧袋』
--子育て書の時代/家の継承と子育て
◇補論

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(1件)

手頃な価格なので、学生にレポートテキストとして指定したい。 (2008/09/27)

0

ニュース

2017/06/09
『江戸の親子』復刊決定!

この商品は、現在ご購入いただけません。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る