1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『完訳 天球回転論 コペルニクス天文学集成(高橋憲一 訳・解説)』 販売ページ

完訳 天球回転論 コペルニクス天文学集成

完訳 天球回転論 コペルニクス天文学集成

  • 著者: 高橋憲一 訳・解説
  • 出版社: みすず書房
  • 判型: A5
  • 頁数: 728 頁
  • ISBN: 9784622086314
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 2017/10/中旬
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 17,280 円 (税込)
    (本体価格 16,000 円 + 消費税8%)
    【送料・代引手数料無料】
  • Tポイント: 160ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

その<革命>は、静かにはじまった---。1543年、コペルニクスが天動説から地動説へ理論を革新させた科学史第一級の古典全6巻をここに完訳。さらに彼が地動説の構想を初めて著した小論『コメンタリオルス』、ヨハン・ヴェルナーの著作を批判した書筒を所収し、コペルニクス天文学のすべてを凝集する。精緻な訳注・解説により明かされる革命の全貌。

▼著者紹介
高橋憲一(たかはし けんいち)
1946年茨城県日立市に生まれる。1970年早稲田大学理工学部電気工学科卒業。1979年東京大学大学院理学研究科退学(科学史・科学基礎論専攻)。1990年理学博士(東京大学)。九州大学大学院比較社会文化研究院教授を務め、現在は九州大学名誉教授。著書『ロジャー・ベイコン大著作』(朝日出版社 1980)『科学の世界 -その形成と展開』(共著 共立出版 1982)『数学の歴史II -中世の数学』(共著 共立出版 1987)『中世の自然観』(共著 創文社 1991)『ガリレオの迷宮 -自然は数学の言語で書かれているか?』(共立出版 2006)。訳書 ディア『知識と経験の革命 -科学革命の現場で何が起こったか』(みすず書房 2012)コペルニクス『コペルニクス・天球回転論』(みすず書房 1993)ほか。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(2件)

(2004/06/03)

0

歴史的名著でしょう。 (2003/07/30)

0

ニュース

2017/08/17
『完訳 天球回転論 コペルニクス天文学集成』復刊決定!

この商品は、現在販売中です。

科学・技術に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る