1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『浅井氏三代 <人物叢書>(宮島敬一)』 販売ページ

浅井氏三代 <人物叢書>

浅井氏三代 <人物叢書>

  • 著者: 宮島敬一
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 320 頁
  • ISBN: 9784642052443
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫なし
  • 価格: 2,268 円 (税込)
    (本体価格 2,100 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 21ポイント ポイントについて
  • カートに入れる
  • ※在庫切れのため購入できません
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

北近江の地域社会が生んだ戦国大名。三代の興亡から浮かぶ、新たな戦国大名像とその時代に迫る。

北近江を舞台に、亮政・久政・長政と三代にわたる繁栄を誇った戦国大名浅井氏。
「国衆」から下剋上して領国支配を展開。小さな戦国大名でありながら織田信長と互角に戦い、軍事的に敗れはしたが、畿内近国ゆえに中央政治史に大きな影響を与えた。
北近江の地域社会が生んだ戦国大名浅井氏の足跡から浮かび上がる、新たな戦国大名像とその時代を描く。

▼目次
◇第1:浅井氏の登場 -『江北記』の世界
◇第2:浅井亮政の時代
◇第3:浅井久政の時代
◇第4:浅井氏権力の形成 -京極氏から浅井氏へ
◇第5:浅井長政の登場
◇第6:長政と織田信長
◇第7:長政と対信長包囲網
◇第8:浅井氏の終末

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/09/08
『浅井氏三代 <人物叢書>』(宮島敬一)の注文を開始しました。

この商品は、現在ご購入いただけません。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る