1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『奇想天外 21世紀版アンソロジー(山口雅也 編著)』 販売ページ

奇想天外 21世紀版アンソロジー

奇想天外 21世紀版アンソロジー

  • 著者: 山口雅也 編著
  • 出版社: 南雲堂
  • 頁数: 488 頁
  • ISBN: 9784523265641
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 2,160 円 (税込)
    (本体価格 2,000 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 20ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

ジャンルを越えたエンタテインメントの極みへ!

かつて「奇想天外」という雑誌があった。
島崎博編集の「幻影城」 etc. と並び立つ、曽根忠穂·小鷹信光(ミステリ)・福島正美(SF)の
エンタメ最強の編集布陣で創刊された名雑誌であった。


21世紀の今、ジャンルの多様化・メディア(DVDやらゲームやら)の多様化によって、評価の視野が狭くなり創作物の真価が見えにくくなっている状況がある。ネット検索で知識取得には便利になった一方で、ユーザーは自分好みの井戸に潜り込み、狭い世界で満足しきっている。

読書界が、もっと破天荒に、奇想天外たらんことを祈念して--- 読書子よ、ジャンルの井戸から這い出せ、豊穣の大海原にインターネットの投網を打て、そこにはきっと、あなた好みの奇想天外・奇怪至極な深海魚が掛かってくるはずだから。

本書は、70~80年代に発刊された雑誌「奇想天外」が、21世紀の今発刊されるとしたら、こういう小説や企画記事が載っていただろうという想定の元に編纂したものである。

▼収録内容
■序文
山口雅也

■21世紀版奇想天外傑作選
「最上階に潜むもの」アーサー・モリスン
「ペギー・ミーアンの死」ウィリアム・トレヴァー
「電話にて」「驚かない女」
A・B・コックス(アントニイ・バークリー、未訳)
「死んだボクサーの謎」カミ(未訳)
「侵入者」ボブ・ショウ
「階段落ち人生」新井素子
「吠えた犬の問題 -ワトスンは語る」有栖川有栖
「夢落ち」井上夢人
「降っても晴れても」恩田陸
「俺たちの俺」京極夏彦
「葬式がえり」法月綸太郎
「三つの月」宮内悠介
「首屋斬首の怪」山口雅也

■奇想天外MANGA劇場
「日本黒衣の謎」喜国雅彦
「チャールズ・アダムスの奇想天外な世界」チャールズ・アダムス

■鼎談
「あなたも作家になれるかもしれないと言えないこともない」有栖川有栖×北村薫×山口雅也
「ミステリゲームを遊ぼう」我孫子武丸×山口雅也×遊井かなめ

■文壇ビートルズ王決定戦
磯田秀人/井上夢人/歌野晶午/大鷹俊一/柿沼映子/柴田よしき/島田荘司/高橋克彦/告井延隆/寺田正典/鳥飼否宇/中野 圭/本秀康/山口雅也/湯浅学/遊井かなめ

■奇想天外ミステリ映画祭
芦辺拓/綾辻行人/井上夢人/大津波悦子/小山正/折原一/霞流一/北方謙三/北原尚彦/北村薫/菊地秀行/日下三蔵/児嶋都/桜庭一樹/柴田よしき/杉江松恋/千街晶之/竹本健治/辻真先/二階堂黎人/野村宏平/濱中利信/福本直美/松坂健/三津田信三/三橋曉/村井慎一/山口雅也/山田正紀/遊井かなめ/若竹七海

■ミステリ宮中歌会始の儀
有栖川有栖/倉阪鬼一郎/近藤史恵/仙波龍英/竹本健治/巽昌章/新津きよみ/藤原龍一郎/山口雅也
案内役:北村薫

■その他の企画
Facebookを読もう
栴檀は双葉より芳しか?
(北村薫、竹本健治、野村宏平、山口雅也の若書きを収録)
幻の作家たちをプレイ・バック
(安藤恭一/乾敦/早稲田 満)
≪ボンド白書≫猟盤日記
結カー問答
東西ミステリ漫才対決
(山口雅也×有栖川有栖)
新本格30周年記念インタビュー
麻耶雄嵩が語る<神様>と<貴族>

■評論&コラム
磯田秀人/小山正/巽孝之/辻村深月/友成純一/中野信子/山口雅也/湯浅学/遊井かなめ


▼こちらもチェック
◎『奇想天外 復刻版アンソロジー』

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(34件)

タニス リーの白い魔女が読みたい! (2017/10/11)

0

1 (2017/10/06)

0

リーさんの作品がぜひぜひ読みたいです。。。 (2010/08/24)

1

これは雑誌ですが、素晴らしい本です。 ラインナップも超豪華。 私はたまたま購入できて優越感に浸っていたかったので、あまり人に教えたくなかったのですが、是非知らない方に読んでいただきたく思います。 タニス・リーの「白い魔女」の一部が読めるだけでも幸せです。 この「白い魔女」シリーズは私が生きている間に絶対翻訳出版していただきたいです。 まさにマニア垂涎の書と言える1冊です。 (2010/04/29)

1

目的のタニス・リー作品をはじめ、著名な作家の聞いた事もない短篇が、目白押しではないですか!!この本の存在自体知らなかったので買わねば大損だと思います。 (2009/04/15)

0

もっと見る

ニュース

2017/10/06
『奇想天外 21世紀版アンソロジー』復刊決定!

この商品は、現在販売中です。

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る