1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『本格ミステリ戯作三昧 贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力(飯城勇三)』 販売ページ

本格ミステリ戯作三昧 贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力

本格ミステリ戯作三昧 贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力

  • 著者: 飯城勇三
  • 出版社: 南雲堂
  • 判型: 四六判・上製
  • 頁数: 440 頁
  • ISBN: 9784523265658
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 2017/12/中旬
  • 在庫数: 46 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格:予価 2,916 円 (税込)
    (本体価格 2,700 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 27ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

楽しんでください。
贋作と評論を両輪として、本格ミステリをめぐる冒険を。


本格ミステリのさまざまな作家やテーマに、贋作と評論の二方向から切り込む。
読者から一歩進んだ本格ミステリの楽しみを発見できる評論書。

▼目次
第I部 作家と作品をめぐる贋作と評論
--第1章 島田荘司
--第2章 綾辻行人
--第3章 天城一
--第4章 高木彬光
--第5章 G・K・チェスタトン
--第6章 ウィリアム・アイリッシュ
--第7章 ジョン・ディクスン・カー

第II部 テーマとトリックをめぐる贋作と評論
--第8章 意外な犯人
--第9章 多重解決
--第10章 リドル·ストーリー
--第11章 見立て殺人

第III部 エラリー·クイーンをめぐる贋作と評論
--第12章 『盤面の敵』
--第13章 『帝王死す』
--第14章 ラジオドラマ
--第15章 『エジプト十字架の謎』と『Yと悲劇』

▼著者紹介
飯城勇三(いいき ゆうさん)
1959年宮城県生まれ。東京理科大学卒。エラリー·クイーン研究家にしてエラリー·クイーン·ファンクラブ会長。2011年『エラリー·クイーン論(論創社)で第11回本格ミステリ大賞・評論部門を受賞。他の著作に『エラリー・クイーンの騎士たち -横溝正史から新本格作家まで』。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/10/31
『本格ミステリ戯作三昧 贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力』(飯城勇三)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る