1. TOP
  2. ショッピング
  3. 実用書
  4. 『日本現代怪異事典(朝里樹)』 販売ページ

日本現代怪異事典

日本現代怪異事典

  • 著者: 朝里樹
  • 出版社: 笠間書院
  • 頁数: 500 頁
  • ISBN: 9784305708595
  • ジャンル: 実用書
  • 配送時期: 2018/01/中旬
  • 在庫数: 15 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 2,376 円 (税込)
    (本体価格 2,200 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 22ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

その入手困難さゆえに伝説となった幻の同人誌=
朝里樹『日本現代怪異事典』の商業版がついに刊行!


戦前のこっくりさんにはじまり、トイレの花子さん、口裂け女、ベートーベンの怪などの学校の怪談、そして2000年前後にインターネット上で登場する怪異たちまで、主に戦後(昭和20・1945年)の日本を舞台に語られた一千種類以上の現代怪異を紹介する、怪異ファン必携の一冊!
同人版より項目数も増え、出没場所索引、使用凶器索引など、索引も充実。

---【私が子ども時代を過ごした一九九〇年代は学校の怪談ブームが起きた時代で、多くの現代の怪異たちが身近に語られていました。自分が知らない過去の時代だけでなく、自分が今生きているこの時代にもたくさんの怪しげなものたちがいるのだと感じられたのは、幸いなことだったと思います。
どんな時代においても怪異たちは決して消えることなく、その時代時代に合わせて新たな姿、性質で生まれ、語られるのでしょう。(中略)
この事典に収められているのは、先にも書いたように我々と同じ時代を共にした怪異たちです。しかし我々が遠い過去の時代の人々が語り、作り出した異形のものたちを「妖怪」と呼んで親しんでいるように、この怪異たちもいつかは遠い過去のものとなるでしょう。
この時代が現代と呼ばれなくなったそんな未来においてまで、現代怪異の記録や記憶が残り、人々に親しまれていることを、願いたいと思います。】
---「あとがき」より


▼著者紹介
朝里樹(あさざと いつき)
1990年、北海道に生まれる。2014年、法政大学文学部卒業。日本文学専攻。現在公務員として働く傍ら、在野として怪異・妖怪の収集・研究を行う。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/12/01
『日本現代怪異事典』(朝里樹)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

怪奇&ホラーコミックに関するQ&A

猫が出てくる怖い本

10年ほど前に読んだので記憶が曖昧なのですが、 ・登場人物は二足歩行の犬や猫 ・和風の世界観で着物を着ている ・メス猫が自分の産んだ子猫を川に流す ・メス猫の夫は犬で、犬ではなく猫が生まれる...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る