1. TOP
  2. ショッピング
  3. エンタメ
  4. 『エロティック・アートと秘教主義(相馬俊樹)』 販売ページ

エロティック・アートと秘教主義

エロティック・アートと秘教主義

  • 著者: 相馬俊樹
  • 出版社: エディシオン・トレヴィル
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 200 頁
  • ISBN: 9784309921495
  • ジャンル: エンタメ
  • 価格: 2,700 円 (税込)
    (本体価格 2,500 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

澁澤龍彦、種村季弘らによって伐り開かれた性と闇の文化史を引き継ぎ、現代のエロティック・アートの到達点を描く、孤高の論考集。

至高のエロティック表現を求め、ポルノとアートの境界を解体し、<エロス>と<タナトス>がせめぎ合う欲動の最深部の神秘に挑戦した現代エロティック・アーティストたちの苛烈な作品群を跋渉し、死と幻想のエロトロギアをめぐる相馬俊樹渾身の最新評論集。

▼主な登場作家
ハンス・ベルメール、ピエール・モリニエ、ジャン・ブノワ、ジェラール・ガシェ、シビル・リュペール、ジャン=マリー・プメロル、H・R・ギーガー、ズジスワフ・ベクシンスキ、ジョン・サンテリネロス、ニック・ダグラス&ペニー・スリンガー、ボブ・カルロス・クラーク、空山基、シュルレアリスムのデンジャラス・コア:現代美術の一分野としての猟奇殺人、伊藤晴雨、藤野一友=中川彩子、女性器アートの三人:恥辱の性史からの解放、脚フェチとバレエ:踊り子の脚の香気 ほか

▼著者プロフィール
1965年生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科美学美術史学専攻卒。エロティック・アート研究家、美術ライター、美術評論家。著書に『禁断異系の美術館 1~3』(書苑新社)ほか。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/04/07
『エロティック・アートと秘教主義』(相馬俊樹)の注文を開始しました。

この商品は、現在ご購入いただけません。

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る