1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『カリギュラ・誤解(アルベール・カミュ=著、渡辺守章・鬼頭哲人=訳)』 投票ページ

カリギュラ・誤解

  • 著者:アルベール・カミュ=著、渡辺守章・鬼頭哲人=訳
  • 出版社:新潮社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/10/23
  • ISBNコード:9784102114056
  • 復刊リクエスト番号:26503

得票数
50票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投票コメント

as

as

以前図書館で読んだ事があるのですが、シェイクスピア等の戯曲にも負けず劣らずの面白さを持つ作品だと思います。他の出版社さんでも最近文庫化されたようですが、渡辺守章さんの訳が素敵だったので、是非とも復刊をお願いしたいと思います。 (2008/12/19)

1

先月「カリギュラ」の舞台を見て、難解で不条理な内容でしたので、原作本を是非読み、舞台の内容をより深く理解したい願望が起こりました。図書館で読むか古本屋さんで見つけるしかないようですが、手元におきたいと思いますので、よろしく御願い致します。 (2007/12/02)

1

以前からローマ皇帝の勉強をしていました。 歴史ばかりでなく、舞台として描かれたカリギュラを読んでみたいと思い探していましたがどの古本屋を巡っても手に入りません。 何とか読んでみたいと思っていたら舞台もあるみたいで。 やはり原本を読まない事には始まりません。 (2007/11/19)

1

カミュの作品の中で一番好きです。 確かに『異邦人』に比べると知名度は劣りますし、 戯曲ということで、小説に慣れている読者の方からは 敬遠される向きもあるのかもしれませんが、 蜷川幸雄さん演出での上演もあり、関心が高まっている昨今、 復刊にみなさん期待していると思います!!! というより、ノーベル賞受賞作家の代表作のひとつを 絶版にしてしまっているなんて、 日本出版界、新潮社さん、にとってとても残念なことだと思います。 訳もとても素晴らしい訳だったと思うので 是非同じ形での復刊を希望します。 (2007/11/18)

1

何度も読み返し、年月を経て随分と表紙が傷んでしまい、もう一冊買っておこうと思 い立ち、現在絶版と知り頭をぶん殴られたようなショックを受けました。絶版だなん て思ってもみなかったもので。 訳もよく、戯曲初心者でも読み易い。個人的には裏・ハムレットな感覚。 私にとって重大かつ重要な一冊。歴史の中に入れないで生かして下さい!! (2005/07/03)

1

もっと見る

新着投票コメント

どうも気になるし読みたい。 (2018/01/11)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/01/11
『カリギュラ・誤解』が50票に到達しました。
2004/10/23
『カリギュラ・誤解』(アルベール・カミュ=著、渡辺守章・鬼頭哲人=訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『カリギュラ・誤解』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る