1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『さしたる用事はなけれども-團伊玖磨対談集2(團伊玖磨)』 投票ページ

さしたる用事はなけれども-團伊玖磨対談集2

  • 著者:團伊玖磨
  • 出版社:読売新聞社
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/11/27
  • 復刊リクエスト番号:31644

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

週刊読売に連載された、作曲家團伊玖磨氏と各界の著名人の方々との対談「風騒デュエット」の単行本第二集。1973年出版。
オーナー評価★★★★☆☆☆☆☆☆

【目次】(掲載順、肩書きは出版当時のもの)

高峰三枝子(女優)…周恩來首相手ずから白菊を

武蔵川喜偉(相撲協会理事長)…相撲も中国からきた

宮本正(テノール歌手)…浅草の客は人情家

金田一春彦(国語学者)…別れの言葉「思うわよォ」

丸谷金保(北海道池田町長)…詩人の夢、芳醇な町

畑正憲(小説家)…知床半島を動物の国に

大竹省二(写真家)…美しいハダカを残そう

鰐淵晴子(女優)…ミロのヴィーナスは汚したい

武田泰淳(小説家)…人肉も掌がうまいか

芥川也寸志(作曲家)…作曲料はイワシひと山

酒井美意子(エチケット評論家)…羽織・袴は魅力的

小山内宏(軍事評論家)…農民が職業軍人に勝った

浅利慶太(演出家)…歌舞伎はミュージカルだ

河野洋平(衆議院議員)…政治にバランスは無益

ディック・ミネ(歌手)…もてたいために楽器を

大町北造(源義経研究家)…さしたる用事もなかりせば

サトウ・サンペイ(漫画家)…珍漫才・F104搭乗記

井上ひさし(劇作家)…戯作者風は幼少から

小笠原英法(元宝塚・桜緋紗子。尼僧)…尼僧に向いていた私

新着投票コメント

様々なところで活躍する人たちのお話に、團伊玖磨さんという縦糸を通すことでみえてくる模様のダイナミズムを味わいたい。 (2017/10/12)

0

今となっては古い記述もありますが、多彩な登場者の貴重な対談集です。現在においては表現に穏当を欠く部分も若干ありますが、復刊の価値はあると思います。 (2005/11/27)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2005/11/27
『さしたる用事はなけれども-團伊玖磨対談集2』(團伊玖磨)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

趣味・スポーツに関するQ&A

昭和58~59年のスポニチの官能小説について

この頃にあった官能小説のタイトルを教えてください。 宇能鴻一郎ではなかったかと思うのですが、はっきりとはわかりません。

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『さしたる用事はなけれども-團伊玖磨対談集2』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る