1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『音楽への憎しみ(パスカル・キニャール 著 / 高橋啓 訳)』 投票ページ

音楽への憎しみ

  • 著者:パスカル・キニャール 著 / 高橋啓 訳
  • 出版社:青土社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2010/07/27
  • ISBNコード:9784791755646
  • 復刊リクエスト番号:50942

得票数
33票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

聖書の強迫的な音、ナチスによるユダヤ人絶滅キャンプの楽団、そして高度消費社会で猛威をふるう音楽に、暴力と殺戮の伴奏を聴きとる危機の批評。

【刊行年】初版1997・最終版1997年
【判型】四六判【頁数】334頁
【価格】予価3456円(本体3200円)

復刊ドットコムスタッフ

現在、復刊リクエスト投票受付中の、専門書出版社10社による共同復刊企画≪書物復権2018≫。復刊候補133タイトルの中でも、ひときわ大きな注目を集めているのが本書です。
娯楽や癒しなど、一般的に語られる音楽の効用とは対極の、暴力、威嚇、苦しみなど「負の側面」から音楽の根源を問うという“異端”の散文集に、多くの復刊リクエストが寄せられています。


新着投票コメント

音楽の持つ負の面を知りたいです (2018/02/01)

0

伊藤計劃『虐殺器官』から知りました。図書館にも置いておらず、ネットではプレミア価格がついてるか品切れ状態ばかりなので手が届きません。なんとかして読みたいのでよろしくお願いします。 (2018/02/01)

0

m

m

図書館で読んで、とても好きになったので、手元に置きたくなりました。 (2018/01/30)

0

読みたいです。ぜひ復刊お願いします! (2018/01/24)

0

この本は、当サイトの企画≪書物復権2018≫で初めて知りましたが、音楽を「憎しみ」と言う視点から語る著者の姿勢が興味深い。 更に聖書やナチス、現代音楽が絡んでくると言う点にも注目しています。 これはぜひ読んでおきたいですね。 (2018/01/18)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/01/10
『音楽への憎しみ』が10票に到達しました。
2010/07/27
『音楽への憎しみ』(パスカル・キニャール 著 / 高橋啓 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『音楽への憎しみ』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る