1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『夏と冬の奏鳴曲(麻耶雄嵩)』 投票ページ

夏と冬の奏鳴曲

  • 著者:麻耶雄嵩
  • 出版社:講談社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2011/05/07
  • ISBNコード:9784062638913
  • 復刊リクエスト番号:53328

得票数
60票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

首なし死体が発見されたのは、雪が降り積もった夏の朝だった!20年前に死んだはずの美少女、和音(かずね)の影がすべてを支配する不思議な和音島。なにもかもがミステリアスな孤島で起きた惨劇の真相とは?メルカトル鮎の一言がすべてを解決する。新本格長編ミステリーの世界に、またひとつ驚愕の名作が誕生!


投票コメント

実に特異なミステリです。ミステリとしては、ほとんど反則のような小説ですが、奇跡的なバランスで破たんしていません。唯一無二の作品だと思います。単純に面白いのはもちろんのこと、日本のミステリの、ある方向性(青春小説的側面?)の到達点のひとつだと思います。 (2013/01/14)

2

麻耶雄嵩さんの作品はどれもミステリとして設定はとても定番であるにも関わらず展開や構成がとても型破りでミステリ界に大きな影響を与えたと思いました。いや、個人的に非常にヒットしました。メルカトル鮎を筆頭とする個性の濃いキャラクター達や最後に待ち受ける壮大なカタストロフは一度味わうと忘れられません!!!『翼ある闇』に始まり現在手に入る作品は一通り読んだのですが名作であり怪作とも呼ばれるこの作品はファンとして非常に読みたいのです!!!この作品にはどのような仕掛けがあるのか、どんな謎があるのか、聞く話によると本を叩きつけたくなった、とも聞きます。ファンでありながら読めないのは悔しいですしもっと知名度を上げる為にも是非とも復刊して欲しいと思っています!!!! (2017/07/18)

1

麻耶雄嵩氏の他作品の映像化を機に過去作についても読み始め、現在手に入る 本については一通り揃えました。『夏と冬の奏鳴曲』については、熱心な麻耶氏のファンの方からも「一度は読んで欲しい」と勧めて頂いたのですが、絶版とのことで残念に思っています。同じようなきっかけでこの本が手に入らず困っている新規読者は多いと思うので、是非復刊して欲しいです。 (2017/07/09)

1

笠井潔の初期新本格の読むべき3冊のうちの一つとしても挙げられている、読む価値のある小説であると思うからです。 かつて高校生の頃に読んで、衝撃を受けた本です。今一度読み直し、また新たなる感想を得ることと、この本が他の人にも伝わってもらえればとの重いです。 (2017/03/08)

1

律

どうしても読みたい! (2015/08/22)

1

もっと見る

新着投票コメント

学生時代に読みました。 自分の中で理解できない部分もありしばらく悶々とした日々が続きましたね。 読めばこの気持ちがわかるでしょう。 絶版とは意外でした。復刊のために一票入れます。 (2017/07/19)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/06/27
『夏と冬の奏鳴曲』が50票に到達しました。
2013/09/26
『夏と冬の奏鳴曲』が10票に到達しました。
2011/05/07
『夏と冬の奏鳴曲』(麻耶雄嵩)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『夏と冬の奏鳴曲』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る