1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『芸術崇拝の思想 政教分離とヨーロッパの新しい神(松宮秀治)』 投票ページ

芸術崇拝の思想 政教分離とヨーロッパの新しい神

  • 著者:松宮秀治
  • 出版社:白水社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2014/01/09
  • ISBNコード:9784560027172
  • 復刊リクエスト番号:59091

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

芸術はいかにして<神>となったのか。宗教に代わる新しい支配原理となっていった芸術の思想を、民族、歴史、文化などの問題とからめて論じていく。

【刊行年】初版2008・最終版2009年
【判型】四六判【頁数】300頁
【価格】予価4104円(本体3800円)

新着投票コメント

ルネサンス以降、西欧において芸術が宗教の影響を受けずに、変化をはじめた。その世界観の広がりを特に扱った本は少ない。是非、復刊を希望します。 (2018/01/11)

0

様々な観念に縛られていた「芸術」をどのように開放したのかに興味があり、本書を読んでみたいと思ったので。 (2018/01/08)

0

「芸術と宗教」がテーマの本を探しているため、復刊希望です。 (2018/01/08)

0

「思想」三部作がいずれも入手困難。ぜひ1冊ずつでも復刊してほしいです。 (2018/01/08)

0

おなじ著者の『文明と文化の思想』(2014年)が非常な名著だったので、ぜひとも読んでみたい。 (2015/05/03)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 芸術崇拝の思想 政教分離とヨーロッパの新しい神

    芸術崇拝の思想 政教分離とヨーロッパの新しい神

    在庫なし

    【著者】松宮秀治
    【発送】2018/05/下旬

    芸術はいかにして<神>となったのか。宗教に代わる新しい支配原理となっていった芸術の思想を、民族、歴史、文化などの問題とから...

    4,320 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/05/08
『芸術崇拝の思想 政教分離とヨーロッパの新しい神』復刊決定!
2014/01/09
『芸術崇拝の思想 政教分離とヨーロッパの新しい神』(松宮秀治)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ヨーロッパ史に関するQ&A

イタリアが舞台の歴史物の漫画のタイトルが思い出せません

 かなり具体的に内容を覚えていますが、タイトル・作者名が思い出せないため、リクエスト出来ません。  多分30年以上前の、少女フレンドのA5サイズの増刊に、100P読み切りで載っていた作品です。この作品...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『芸術崇拝の思想 政教分離とヨーロッパの新しい神』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る