1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『眼中の人(小島 政二郎)』 投票ページ

眼中の人

  • 著者:小島 政二郎
  • 出版社:岩波文庫
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/05/11
  • ISBNコード:9784003114711
  • 復刊リクエスト番号:65120

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

年少より鴎外・荷風に傾倒していた著者(一八九四―一九九四)が,芥川竜之介や菊池寛の知遇を得て文学に開眼してゆく経緯を描いた自伝的長編小説.文学修業の途上で自分を啓発してくれた人々をつねに眼中にあって忘れられない人として語る大正文壇史でもある.鈴木三重吉や『赤い鳥』にまつわるエピソードも興味深い(岩波文庫サイトより)

新着投票コメント

とあるゲームがきっかけで、芥川龍之介や菊池寛など、近代文学を成した文豪たちが若い世代から注目を浴びています。 彼らの残したエピソードが書かれている本書も文豪たちを知る本として話題になっているのですが、今となっては古本でしか手に入らず、高騰してしまっています。図書館で借りることもできるのですが、やはり手元に置いておきたい一冊であります。文豪達が注目を浴びている今、何卒復刊をお願い致します。 (2017/05/11)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/05/11
『眼中の人』(小島 政二郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『眼中の人』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る