1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ヨット船上の殺人-心理的推理小説(C・P・スノウ (著), 桜井 益雄 (翻訳))』 投票ページ

ヨット船上の殺人-心理的推理小説

  • 著者:C・P・スノウ (著), 桜井 益雄 (翻訳)
  • 出版社:弘文堂
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/09/09
  • 復刊リクエスト番号:65661

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

英国の水郷、ノーフォーク湖沼地帯を航行中のヨット「海の精」号で、ハーレイ街の専門医、ロージャ・ミルズの死体が発見された。同乗者は、男四人に女二人。自殺か? 他殺か? 老素人探偵フィンボウは、物的証拠と心理的証拠のバランスシートの上に立ち、事件解決の鍵が、彼らの性格の解明にあると考え、推理の糸をたぐる。
本書は、イギリスの著名な科学者であるC・P・スノウの最初の推理小説で、犯罪の探求は、近代世界に存在するあらゆる善のしるしであるという思想にもとづいて、書かれたものである。英国人好みの本格的な密室殺人事件を取り扱い、一般的な推理小説とは趣を異にして、性格の創造からプロットを展開させていく、文学的な香り高い心理的推理小説である。

新着投票コメント

海外クラシック・ミステリーの名作表などで時々見かけるので、一度読んでみたいと思います。 (2017/09/09)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/09/09
『ヨット船上の殺人-心理的推理小説』(C・P・スノウ (著), 桜井 益雄 (翻訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

推理(ミステリ)に関するQ&A

犯罪者を好きになってしまうお話

小学校高学年くらいの時に読んだ本です 主人公は女の人である日、殺人?現場をみてしまい 殺人犯と一緒に暮らすことになってしまいます そして暮らしていくうちに、殺人犯のことを好きになってしまいます ...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ヨット船上の殺人-心理的推理小説』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る