1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『グラモフォン・フィルム・タイプライター(フリードリヒ・キットラー 著 , 石光 泰夫 ...』 投票ページ

グラモフォン・フィルム・タイプライター

  • 著者:フリードリヒ・キットラー 著 , 石光 泰夫 訳 , 石光 輝子 訳
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/11/15
  • ISBNコード:9784480090348 9784480090355
  • 復刊リクエスト番号:65980

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

上巻 : テクノロジーは、いわゆる人間というものから文字を吸い上げ、どこかに運びさってしまった―。蓄音機=聴覚技術メディア、映画=視覚技術メディア、タイプライター=書字技術メディア。この3つの近代テクノロジーが華々しく登場し、展開をとげるとともに、人間には何が起こったのか。フーコーの考古学的手法、ラカンの構造主義精神分析などを織りまぜたディスクール分析によって、システムがたどった歴史を壮大に描きだす衝撃のメディア論。上巻はグラモフォンからフィルムの章の冒頭を収める。

目次
導入(ケーブルによるネットワーク化
メディアを連結するシステム
フォノグラフィと映画 ほか)
グラモフォン(発明の歴史
魂の自然科学
ギュイヨー「記憶とフォノグラフ」 ほか)
フィルム(映画は歴史を切断する
目の錯覚と自動武器)

下巻 : 視覚、聴覚、書字への技術導入によって、主体であったはずの人間の意識までもが機械装置にとってかわられる。人間は生理学と情報工学へと解体され、操作されうるものになりはてた。リルケ、カフカ、ハイデガー、シュミットらによるテクストなど膨大な文献を渉猟しつつ、近代メディアの与えた衝撃を解読する。下巻はフィルムからタイプライターの章を収め、世界規模で繰り広げられるようになった戦争と技術の結託から、やがてくるコンピュータの支配の幕開けまでを描く。

目次
フィルム(映画の第一次世界大戦とユンガー少尉
フリートレンダー『蜃気楼機械』
精神医学と精神分析における映画
ドッペルゲンガー―映画の映画化
ミュンスターベルクの映画による精神工学 ほか)
タイプライター(男の手から女の機械へ
ハイデガー「手とタイプライターについて」
ニーチェのタイプボールと女性秘書たち
デスクワークする近代のカップル
タイプライターによる思索 ほか)

新着投票コメント

以前、紀伊國屋書店さんが行っていたフェアで、思想家の東浩紀さんがこの本を選書されていました。そのことをホームページを見て知ったとき、すでにこの本は絶版状態でした。東さんは選書に寄せたコメントで、「メディア論の本を何冊も読むより、この本一冊を読み解いたほうが勉強になる」とおっしゃっています。ぜひ復刊をお願いします。 (2017/11/15)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/11/15New
『グラモフォン・フィルム・タイプライター』(フリードリヒ・キットラー 著 , 石光 泰夫 訳 , 石光 輝子 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『グラモフォン・フィルム・タイプライター』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る