1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『李珍宇全書簡集(朴壽南)』 投票ページ

李珍宇全書簡集

  • 著者:朴壽南
  • 出版社:新人物往来社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/12/08
  • ISBNコード:9784404009524
  • 復刊リクエスト番号:66071

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

1958年8月17日、小松川高校生の女子高校生殺人事件が発生。犯人は在日朝鮮人2世の18歳の少年。少年法は適用されず異例の早さで死刑判決がくだされていく。同じ在日2世である朴壽南は、少年の減刑運動に参加し獄中の李珍宇(イ・チヌ)に面会を始め、文通や本の差し入れなどを行っていく。面会室は民族の魂と言葉を取り戻す教室になった。貧困と民族差別の中で日本に生まれた朝鮮人青年が殺人を犯し、獄中で再生していく過程は、日本の社会を、歴史を照射し、また在日の実存ーアイデンティティの確立問題を深く問いかけた。死刑が執行されるまで朴壽南と交わした往復書簡「罪と死と愛」はベストセラーとなった。本書は事件の供述調書や朴壽南の解説を追加し「罪と死と愛」に続く必見の一冊。

新着投票コメント

mai

mai

私は日本で生まれ育った在日朝鮮人3世である。朝鮮名を学校で名乗ればいじめや差別にあい、朝鮮人であることから逃げ出したいと悩み思春期には自分にとって民族とは、国籍とは、祖国とはーいったい自分が何者なのか、どこに所属するのか悩み仲間を求めた。10代の終わりに小松川事件について書かれた「罪と死と愛と」と書簡集を繰り返し読み、殺人という行為に及んだ同胞の少年の心の確執や苦しみに自分を重ねた。私が生まれる前の戦後間もない日本社会における露骨な差別状況の中で少年は日本人のふりをして生きるしかなかった。その少年が朝鮮人であるという実存を取り戻す過程、そして「生きる」ということを獄中の中で真剣に考える姿勢。朴壽南という一人の同胞の姉を通して、人を愛するということに目覚め、罪の自覚をしていく人間性の回復は、在日だけではなく虐げられた者の人間性の回復という普遍的で深いテーマがあるのではないかと思う。大島渚がこの本を題材に映画「絞死刑」を劇映画化し知られているが、原作を読みたいという声が多い。ヘイトスピーチが吹き荒れる今の時代だからこそ改めて復刻をしてほしい。 (2017/12/08)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/12/08New
『李珍宇全書簡集』(朴壽南)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『李珍宇全書簡集』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る