1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『あくまのしっぽ(ナニネ・ヴァレン (作),デーヴィッド・マクフェイル (絵),松本 亨...』 投票ページ

あくまのしっぽ

  • 著者:ナニネ・ヴァレン (作),デーヴィッド・マクフェイル (絵),松本 亨子 (訳)
  • 出版社:佑学社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2018/03/05
  • ISBNコード:9784841602135
  • 復刊リクエスト番号:66551

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ずっとむかしの凍てつくような冬のある日、ニコラとエルネストとジャン・フランソワという三人の兄弟が、切ったばかりのまきをはこんで、雪の野をこえ、村の市場をぬけ、家に向かっていました。
売り手も買い手もぎすぎすとした市場の様子を見るともなく見ながら、村はずれまできた兄弟は、そこで雪にうもれて倒れている男の人を発見します。
「家につれてって、とかしてやろうぜ」
かちこちに凍りついた見知らぬ男を、まきのかわりに家までひきずって、熱いかまどに押し込みました。めがねをかけていない三人のかあさん・バルボットは、そんなことはつゆ知らず、にぎやかにめがねとほうきをさがしていて、うっかり間違えて、長い長い男のしっぽで炉の灰をはきはじめてしまいます。
子どもたちの指摘や、解凍悪魔自身の目覚め、その茶目っ気あるなぞなぞなどで、やっとそれが悪魔のしっぽだとわかったみんなは、「かまどから出してやらないぞ」と息巻くのですが、それなら、と悪魔はお決まりの交換条件を出しました。
すなわち、外に出すかわりに、三つの願いをかなえてやる、というものです。
かまどでとっととパンを焼きたかったバルボットかあさんは、ついその願いをかなえられてしまう羽目になりました。今度こそはと子どもたちの慎重な協議の末ひねりだした二つ目の願いは、みんなで乗れる大きなそりがほしいということ。
そして最後の三つ目は、そりときたなら・・・。

新着投票コメント

懐かしくてもう一度読んで手元に置きたい絵本なのですが 扱っている図書館もかなり限られていて 読むことが難しいので (2018/03/05)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/03/05
『あくまのしっぽ』(ナニネ・ヴァレン (作),デーヴィッド・マクフェイル (絵),松本 亨子 (訳))の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

絵本のタイトルを探しています。

27・8年くらい前に、小学校の図書室で読んだ本のタイトルを探しています。 横長でA4位の大きさで、内容が本当にうろ覚えなのですが、じゃじゃ馬な女の子がお母さんにおこられた後位に、異世界に行って冒険をす...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『あくまのしっぽ』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る