1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『サートリス(ウィリアム・フォークナー 著 / 林信行 訳)』 投票ページ

サートリス

  • 著者:ウィリアム・フォークナー 著 / 林信行 訳
  • 出版社:白水社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/12/30
  • 復刊リクエスト番号:7147

得票数
14票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

第一次世界大戦から帰郷した、南部貴族サートリス家のヤング・ベイヤード。南北戦争の英雄だった一族の残照を背景に、「失われた世代」の虚無と絶望を描く初期長編。

【刊行年】初版1965・最終版2004年
【判型】四六判【頁数】354頁
【価格】予価4752円(本体4400円)


投票コメント

フォークナーはアメリカ文学においてだけでなく、文学というジャンルにおいて屈指の作家の一人だと思いますが、残念なことに日本語訳で読もうとすれば、いくつかの代表作を除いてはフォークナー全集にあたるしかない状態です。「サートリス」も久しく絶版でしたが、復刊候補に挙がっているのを知り、文句なく一票を投じさせていただきます。 (2018/01/10)

1

フォークナーは20世紀アメリカ文学で最も重要な作家だと思う。この作品は読んだことがないのだが、この作品に限らず、フォークナーの作品の多くは、(できれば邦訳で、)少なくとも「買う」ことはできるようにしておくべきだ。 (2002/03/15)

1

是非読みたい。 (2018/01/09)

0

フォークナーのヨクナパトゥファ・サーガが好きだから。 (2018/01/08)

0

読みたいから! (2018/01/08)

0

もっと見る

新着投票コメント

フォークナーが好きでいろいろ読んできたが、この作品はまだのため。 (2018/01/10)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/01/08
『サートリス』が10票に到達しました。
2005/02/17
『サ-トリス』販売開始しました!
2001/12/30
『サートリス』(フォークナー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『サートリス』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る