1. TOP
  2. mk-tenさんの公開ページ

mk-tenさんのページ

復刊リクエスト投票

武井の体系世界史―構造的理解へのアプローチ

リクエスト内容でも触れましたが、世界史を理解するためには本当に素晴らしい学習参考書です。しかし、現在、絶版となり3万円前後で取引されていて、学生はもちろん、世界史をあらためて学び直そうと思い立ったような社会人にとってもとても手が出せない代物となってしまっています。誰にでも手にしていただきたいこの本がそういう状況に置かれているのは本末転倒ですので、ぜひ復刊していただきたいと思いました。 (2015/06/18)

武井の体系世界史―構造的理解へのアプローチ
【著者】武井正教

新版 陳氏太極拳テキスト

陳氏太極拳を解説した名著であり、保存用に手に入れたいと思い、復刊を希望します! 現在古書は3万円を超えていて、とても手が出ません。また、陳正雷氏の息子であり、陳氏太極拳20代伝人である陳斌氏が先頃NHKで太極拳の解説番組を担当したこともあるので(番組『水野美紀と本格太極拳 (NHKまる得マガジン)』ならびにDVD『水野美紀 中国 太極拳の神髄を求めて』)、復刊させるタイミングとしてもいいのではないかと思いました。 (2012/03/21)

新版 陳氏太極拳テキスト
【著者】陳正雷

メディアとしてのロックンロール

素晴らしい評論集なので復刊してください。 (2012/03/18)

メディアとしてのロックンロール
【著者】渋谷陽一

志村貴子単行本未収録作品集

読んだことがなくて読んでみたいから(ぼくの好きな先生、などタイトルにもそそられます) その後、読んで超はまっています。一刻でも早く一本でも多く読みたいです。 (2003/01/21)

志村貴子単行本未収録作品集
【著者】志村貴子

レビュー

奇子 《オリジナル版》 上・下

究極の奇子

連載当時のこの物語をここまで高品質な本として読めて本当に素晴らしかったです。もう何度なく大都社版で読んできたこの作品ですが、あらためて手塚治虫の神がかり的な作品世界にしびれました。オリジナル・エンディングは画面構成的にはあまり大都社版と変わっていないように思えるかもしれませんが、話の筋としてはまるで違っていて、手塚治虫がその後の奇子の物語を準備していたことが窺われます。大都社の単行本であのようなエンディングに変更されたのは、その後手塚治虫自身がこの物語を封印してしまったからでしょう。でも、こちらのオリジナル版エンディングの方がやはり自然な締め括りになっているように思うので、これをこんな紙質の、しっかりした印刷の漫画として読めて本当によかったです。連載時の扉を残すこともまったく違和感がないし、なんで最初からそうしなかったのか不思議なくらいですし、イラストとしてもどの扉も味があります。これは大人向け手塚作品が好きな人には絶対にお勧めです。それと読み手のぼくが歳を取ったせいか、大人になってからの奇子の行動のあまりのリアリティが衝撃的で、そこが切なくて落涙を禁じ得ませんでした。本当に祐天寺富雄の心情に共感せざるをえないところがこの物語の壮絶なところだと感じました。それをこんな素晴らしいクォリティの形で堪能できてファン冥利に尽きました。 (2018/04/16)

奇子 《オリジナル版》 上・下 (【著者】手塚治虫) ショッピング

mk-tenさん

mk-tenさん

プロフィール

[ニックネーム]
mk-tenさん

TOPへ戻る