1. TOP
  2. ショッピング
  3. 著者「クロフツ(F.W.クロフツ)」 ショッピング一覧

キーワード「クロフツ(F.W.クロフツ)」(著者)の商品一覧

ショッピング

全11 件
チョールフォント荘の恐怖

クロフツ(F.W.クロフツ)

邸宅の主を殺害したのは誰か。予断を許さぬフレンチ警部活躍譚。 15歳の娘を抱え夫に先立たれたジュリアは、打算の再婚に踏み切った。愛はなくともチョールフォント荘の女主人として過ごす日々は、隣人との抜...

【配送時期】
3~6日後
1,080 円 (税込)
(10ポイント)
二つの密室

得票:6票

クロフツ(F.W.クロフツ)

平和な家庭には陰があった。病弱な妻、愛人のいる夫、典型的な三角関係から醸し出される不気味な雰囲気は不吉の前兆であった。アリバイ・トリックの巨匠クロフツが、今度は趣向を変えて密室トリックを創案した。一つは...

【配送時期】
3~6日後
1,188 円 (税込)
(11ポイント)
船から消えた男

クロフツ(F.W.クロフツ)

ガソリンの危険性を除くという化学的大発見の実用化が進められていた。巨万の富を期待する四人の若者と、資金援助をする老人一人。化学会社との契約を目前に、その会社から派遣された調査員が連絡船上から姿を消し、数...

【配送時期】
3~6日後
1,296 円 (税込)
(12ポイント)
フローテ公園の殺人

得票:7票

クロフツ(F.W.クロフツ)

南アフリカ連邦の鉄道トンネル内部で、轢死体が発見された。それが実は奇禍死と偽装された他殺だと判明するにおよんで、捜査陣は、がぜん緊張する。 やがて舞台はスコットランドへ。アリバイの打破に活躍するのはフ...

1,188 円 (税込) 商品ページへ
殺人者はへまをする

得票:8票

クロフツ(F.W.クロフツ)

殺人者がへまをするのか? それとも名探偵の推理がすぐれているのか? おなじみフレンチ警部を主人公にした珠玉短編集。第一部「二重の物語」は、前半で犯人の完全犯罪を描き、後半でフレンチ警部の推理と捜査を描き...

1,188 円 (税込) 商品ページへ
製材所の秘密

得票:8票

クロフツ(F.W.クロフツ)

青年が旅先で、偶然立ち寄った製材所。そこではすべてが不自然だった。トラックのナンバープレートに細工がしてある! 青年を見る運転手の敵意に満ちた目、娘の青ざめた顔。いったいここでは何が行われているのか? ...

【配送時期】
3~6日後
907 円 (税込)
(8ポイント)
サウサンプトンの殺人

得票:6票

クロフツ(F.W.クロフツ)

自社の経営危機を救うためライバル会社のセメント工場に忍びこみ、新製法の秘密を盗み出そうとした二人の男。だが夜警に見つかってしまい、思わずこれを殺してしまったのだ。彼らは自動車事故と偽装して死体の始末をは...

1,080 円 (税込) 商品ページへ
フレンチ警視最初の事件

得票:80票

クロフツ(F.W.クロフツ)

リデル弁護士はダルシー・ヒースの奇妙な依頼を反芻していた。裕福な老紳士が亡くなり自殺と評決された後に他殺と判明して真相が解明される、そんな推理小説を書きたい。犯人が仕掛けたトリックを考えてくれという依頼...

1,058 円 (税込) 商品ページへ
フレンチ警部とチェインの謎

得票:5票

クロフツ(F.W.クロフツ)

プリマス市のホテルでチェイン氏を襲った男は何者か? 同時刻に自宅を荒らした一団の目的は何か? 文字と数字と曲線を囲む無数の輪で構成された暗号表は? 殺人、誘拐、脅迫、そして狙われたチェインの秘密。事件は...

1,080 円 (税込) 商品ページへ
ギルフォードの犯罪

得票:4票

クロフツ(F.W.クロフツ)

ロンドンの宝石業ノーンズ商会は、経営悪化のため役員会議をロンドン郊外のギルフォードでひらくことになった。ところがその夜、経理部長が殺害され、商会の金庫からは五十万ポンド相当の宝石が紛失していた。練達のフ...

1,080 円 (税込) 商品ページへ

全11 件

ニュース

2017/08/09
『チョールフォント荘の恐怖』(F・W・クロフツ 著 / 田中西二郎 訳)の注文を開始しました。
2016/07/21
『二つの密室』復刊決定!
2015/07/23
『船から消えた男』(F・W・クロフツ 著 / 中山善之 訳)の注文を開始しました。
2014/08/14
『フローテ公園の殺人』復刊決定!
2013/08/05
『殺人者はへまをする』復刊決定!
2012/08/16
『製材所の秘密』復刊決定!
2011/07/22
『サウサンプトンの殺人』復刊決定!
2011/06/20
『フレンチ警視最初の事件』復刊決定!
2011/06/20
『フレンチ警視最初の事件』復刊決定!
2010/08/17
【東京創元社・2010年復刊フェア】 クロフツ初期の輝かしい傑作! フリーマン・W・クロフツ『フレンチ警部とチェインの謎』 (4票)復刊決定!
2009/07/27
人気のフレンチ警部シリーズ、またまた復刊!F・W・クロフツ『ギルフォードの犯罪』 (6票)復刊決定!
2008/08/27
切符売り子の連続怪死事件の謎に、敏腕フレンチ警部が迫る!F・W・クロフツ『フレンチ警部と紫色の鎌』 (1票)復刊決定!
2006/09/20
新刊!F・W・クロフツ 著/中山善之訳『シグニット号の死』
2006/09/13
『シグニット号の死』(F・W・クロフツ 著 中山善之 訳)の注文を開始しました。
2005/08/05
『死の鉄路』(フリーマン・W・クロフツ著、中山善之訳)の注文を開始しました。
2003/08/11
『ホッグズ・バックの怪事件』(F・W・クロフツ/大庭忠男訳)の注文を開始しました。

Q&A 【あの本のタイトルが知りたい】

塩鮭を小さくほぐしてごはんにのせたお弁当が出て来る話

今となっては、物語だったのか詩だったのかわからないのですが、一昔前の日本の北国の子ども(男の子)の目線で書かれた内容だったように思います。裕福ではなくお弁当に大きな切身は入れられないので、お母さんが焼い...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

売上ランキング

期間:2017/10/23~2017/11/19
(毎週月曜更新)

TOPへ戻る